ごあいさつ

ごあいさつ

 平成31年4月1日付けで、北海道新得高等学校から着任しました阿部 穣(あべ みのる)です。60年以上の歴史をもち、利尻の風土に培われてきたこの学校に勤務できることを大変うれしく思うとともに、その職責の重さを強く感じております。
 私は、鹿追高校、札幌月寒高校で12年余り教員として勤めた後、道立教育研究所、網走教育局(現オホーツク教育局)、檜山教育局、新しい高校づくり推進室(現高校教育課)で10年間教育行政に携わりました。その後新得高校で3年間教頭として勤務し、このたび本校校長として赴任しました。これまでの様々な経験を生かし、生徒のため、地域のために力を尽くす所存です。
 皆様方におかれましては、本校への変わらぬご理解とご支援をいただきますようお願い申し上げます。                                                                                                          北海道利尻高等学校長 阿 部   穣

 

学校経営シラバス

 平成31年度 学校経営シラバス → H31学校経営シラバス.pdf
 

入学式式辞

 平成31年度 入学式式辞→ H31入学式式辞.pdf
 

校長室から

新規日誌2 >> 記事詳細

2019/11/04

2019/10/29~30 道北地区高等学校商業教育研究協議会

Tweet ThisSend to Facebook | by M.abe
 10月29日(火)~30日(木)の2日間、本校を会場として、第51回道北地区高等学校商業教育研究協議会を開催しました。上川・留萌・宗谷管内の商業科に関わる教員22名が参加し、様々な研修を行いました。
 1日目は、最初、本校の商業科生徒の進行による利尻名産の昆布加工体験を行い、昆布のカットや袋詰め、梱包を行い、土産品になるまでの過程を体験しました。その後、2学年のマーケティングの公開授業及び合評会を行い、最後に利尻・島ガイドセンターの西島徹様を招き、「利尻島観光について~ガイド業・宿泊業からの視点~」をテーマに講演をしていただきました。
 2日目は、「地域の観光資源を活かしたビジネスの創造」を議題に、各学校からの発表を行った後、北海道高等学校長協会商業部会長の西村修一札幌東商業高等学校長から助言をいただきました。最後に「商業教育のこれまでとこれから~代替しえない北海道商業教育を目指して~」と題し、西村部会長による講話がありました。長年にわたる道教委指導主事や文科省教科調査官の経験を踏まえ、商業教育の在り方や学習指導要領改訂の趣旨等について、明晰にかつ厳しい観点でお話をしていただき、商業科教員ではない私にとっても示唆に富んだ一時でした。参加者の皆様、ありがとうございました。

    
    
12:31 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)